kidsdoor応援クラブ

企業・団体として、日本の子どもの貧困問題解決に参加し、
子どもたちの未来を応援しませんか?
「キッズドア応援クラブ」では、子どもたちへの支援を応援してくださる企業・団体様を募集しています。

まずはお問い合わせください!説明資料PDFはこちら

キッズドアは、子どもの貧困解決に取り組むNPOです。

「キッズドア応援クラブ」にご参加いただくと多くの子どもたちの支援につながります。

1口10万円~(年間)の会費を通じて、キッズドアの活動を支えていただけます。

応援クラブ×30法人で無料学習会1クラスの運営を1年間支えることができます。中学3年生に対しては無料の高校受験対策講座を、高校生に対しては中退防止・大学進学講座を開設し子どもたちの学びをサポートしています。

貴社からのご支援が、高校・大学への進学を目指す子どもたちの「人生を変える一年」につながります。

キッズドアは、困窮家庭で学びや体験学習の機会が乏しい子どもたちへの無料学習支援・体験学習・キャリア教育を通じて貧困の連鎖を断ち切る支援を行っています。

子どもの未来のために、教育支援活動に参加してみませんか

キッズドア応援クラブメンバーになられると

社会貢献 / 企業ブランディング / 人材育成, 組織活性

キッズドア媒体での貴社のご紹介

キッズドアのウェブサイト・報告書等で貴社をご紹介いたします

応援クラブの集いへご招待

同じく日本の子どもたちの未来を応援する、応援クラブメンバーとのネットワークづくりにお役立ていただけます(年に1回)

応援クラブWebバナーを
お使いいただけます

バナー
御社HPにご掲載いただき、CSR動の広報にお役立てください

会報誌・事業報告書の送付

メンバー証
応援クラブメンバー証と事業報告書をお届けいたします(年に1回)

その他、キッズドアのイベント・セミナー等のご案内を優先的にお送りします

私たちも応援しています!

Newton Information Technology Ltd.代表取締役社長 森本 健至良 様

Newton Information Technology Ltd.
代表取締役社長 森本 健至良 様

キッズドアさんの理念に共感し、応援クラブに参加いたしました。

弊社は英国に拠点を置き、欧州で事業展開されている日本企業のITインフラや業務システム構築をお手伝いしております。

甚だ僭越ですが、欧州でのビジネス通じて得た経験から、多様性の理解、受容、尊重が、自らのアイデンティティーを持ち、世界の人々と関わって行く為に日本人にとって益々重要になると強く感じており、そのことを次の時代を担う子供達に伝えたいという思いがあります。

また、英語は日本人にとって身近な言語の一つであり、身に付けることで世界が広がるということも伝えてまいりたく、前述の点と併せ、子ども達が日本と海外の架け橋になることに関心を持ってくれるよう、何らかの形で支援したいと存じております。

株式会社サクラボ 代表取締役社長 早坂 啓 様

株式会社サクラボ
代表取締役社長 早坂 啓 様

弊社は自動車業界に特化したWEB制作・マーケティング事業と転職支援事業を営んでおります。事業を通して、ひとつでも「迷いと悩み」を解決することが我々の仕事です。

現代の子どもは「自己肯定感が低い」というデータがあります。

「好きな事」を我慢させる日本の教育が理由かもしれません。一方で好きな事ややりたい事が決まっているのに貧困を理由に断念してしまう子がいるのも事実です。

弊社の事業範囲では「子どもの貧困」を直接的に解決する事が難しいですが、 我々のお客様にもこの問題を周知し、多くの子どもたちの未来を応援したいという想いでこのキッズドア応援クラブに参加しております。

日本の宝である子どもたち、若者を弊社は応援しています。

株式会社CloudNine 代表取締役 島本 倖伸 様

株式会社CloudNine
代表取締役 島本 倖伸 様

【思いは1つ皆の幸せ 社会貢献へ続く道】

株式会社CloudNine(クラウドナイン)の企業理念「Your health. Our future.」

日本語では「あなたの健康。私たちの未来。」のもと、皆さまの健康を通して永続的に社会貢献できる企業として成長してまいります。

「健康と社会貢献」をテーマに、夢と希望を持てる社会を目指して、事業活動を行ってまいります。

Newton Information Technology Ltd.代表取締役社長 森本 健至良 様

株式会社銀座屋
代表取締役 森 浩一 様

私たち銀座屋は、総合リユース企業として、海外輸出事業を行っています。
そこで、スラムで暮らす貧しい子どもを目にし、これまで海外の子どもの支援に力をいれてきました。
しかし、キッズドア様に出会い、日本にも貧困に苦しむ子どもが沢山いるということを知りました。

そして、2017年より応援クラブに参加させていただくことにいたしました。

弊社は、2010年創業と歴史は浅く、人間で言えば8歳の小学生です。
そして、これから様々なことを学び、成長し、「無駄のない社会」を実現したいという夢を持っています。
だからこそ、同じように夢を見て成長していく子どもたちを、サポートしていきたいと考えています。

子どもが持つ可能性は無限大です。
その限界を大人たちが決めてはいけないと思っています。

銀座屋は、キッズドア様の支援を通して、子どもたちの夢を応援します。

株式会社サクラボ 代表取締役社長 早坂 啓 様

もっと何かできるはず基金 運営委員長
株式会社ファンケルスマイル 代表取締役社長
簑島 修 様

「人を喜ばせたい」この想いからファンケルグループの事業は生まれました。
社会活動方針は、「地域とのつながり、ハンディキャップを持つ方々との交流を大切に」です。

従業員が働きながらでも参加しやすい社会貢献活動「もっと何かできるはず基金」として給与から天引きの寄付活動を行っています。

今回はキッズドアさんの活動に共感した従業員から申請があり支援させていただきました。
これからも誰もが笑顔で暮らしていける地域づくりに、継続的に取り組んでまいります。

株式会社CloudNine 代表取締役 島本 倖伸 様

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社様

ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、バイリンガル・スペシャリストに特化した人材紹介会社です。

弊社では、世界のすべてのオフィスで同日一斉にチャリティイベントを行う「グローバルチャリティデー」や、ボランティア活動に参加したい社員に有休を支給する「ボランティア休暇」制度を導入するなど、様々なCSR活動に取り組んでいます。

子どもたちの未来を応援するキッズドアの活動に共感し、弊社もぜひお役に立ちたいという思いから支援させていただいております。

子どもの未来を応援するには、様々な支援の形があります

ご寄付・ご支援金

  • 応援クラブによるご支援
  • 特別プロジェクトを通じて
  • 商品・サービスの売り上げから
  • 社会貢献活動として

社員様ご参加

  • SNSなどによる支援・拡散
  • チャリティーイベントの開催
  • 社会人ボランティアとしてのご参加
  • 社員様向け研修会・講演会の開催

施設等のご提供

  • 無料学習会、イベント開催、ボランティア研修場所のご提供
  • パソコン・プリンタ・デジカメ等機器備品のご提供

キッズドア応援クラブ
2017年度メンバーの皆様

キッズドア応援クラブ説明資料

キッズドアのスタッフがお話をお伺いし貴社に合わせたプランをご提案します

まずはお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
03-5244-9990

応答時間 : 平日10時~18時

フォームでのお問い合わせ

お申込み希望の方、詳細をお聞きになりたい方は、フォームにてご連絡ください。